1000r.com


池の谷戸の哀話


   鵜野森の幸延寺の道を隔てて前のところを境川が流れています。
 その川べりの鹿島神社の近くに池の谷戸というところがあります。
 むかし、 ここにもお寺があって、境内に大きな池がありました。
 その寺に若い寺男がおりました。
 いつか弟子入りをして自分も坊さんになるつもりで、一生懸命働いていました。
 しかしいつしか青春の血がたぎるままに、村の娘と人目をしのぶ仲になっていました。
 夜毎夜毎二人は逢う瀬を楽しんでいました。
 ある春のおぼろ夜のことです。
 いつものように家を抜け出してきた娘と、熱い恋のささやきを交わしていました。
 夢のような時間は瞬く間に過ぎていきました。
 その時です。
 あたりがぐらぐらゆれ始めました。
 今まで感じたことない凄いゆれです。
 「地震だ!」二人は立つことも出来ずただ抱き合うだけです。
 まさに天柱砕け地軸折れ、平和な村里はたちまち阿鼻叫喚の巷になりました。
 がらがらと鐘つき堂も崩れ落ちて、二人は抱き合ったまま釣り鐘の下敷きとなり、鐘もろとも池の中に落ちて、永遠に帰らぬものとなってしまいました。
 悲恋の恨みは池に残りましたが、時の流れは無情、その池は今はなく、ただ哀話として残るのみです。

文・絵:いちむら あきら
座間美都治
相模原民話伝説集より