1000r.com


小倉山の市兵衛仙人


   いつの頃かわからないが、相模川の向うの小倉山からこの大島村まで出て来て、山で獲った鳥や獣を、米や塩と物々交換する仙人がいました。
仙人といっても風貌がいかにも仙人のように見えたというだけで、本当は市兵衛同心と呼ばれていました。
 この男は奉行所の役人でしたが、なぜか世をはかなんで、小倉山に隠れ住んで、仙人のような暮らしをしていました。今に同心沢とか市兵衛平という地名が残っているのがその証しです。
 この仙人の持ってくる鳥や獣のことですが、下小倉の名主の家の土蔵に大蛇がいて、穀物を荒らす鼠を獲ってくれるので重宝がられていました。
ところがこの蛇が大飯ぐらいで、さすがの名主もとうとう飼いきれなくなって、小倉山に捨ててしまいました。
 慣れない山に捨てられて弱っている蛇を助けたのが市兵衛同心でした。
野生に戻った蛇はその恩返しに、鳥や獣を獲ってきては市兵衛に与えたというわけです。
 市兵衛の持ってくる鳥やや獣は、どこにも傷がなく、生きているようだったので高く売れました。
 この市兵衛はいつの間にか行方知れずになってしまい、誰もその終わりを見たもはいないということです。

文・絵:いちむら あきら
座間美都治
相模原民話伝説集より