1000r.com


梅宗寺観音堂由来


  むかし、どこからか一人の女の六部(巡礼)が梅宗寺の門前に弱り果ててたどり着きました。
しかも身ごもっていて産気づき苦しみはじめました。
門前で飴を売っていた婆さんが驚いて助けお越し、家の中に入れて介抱しましたが、女は子どもを生んだまま、亡くなって
しまいました。
そこでねんごろに葬り、赤子は寺の住職が引き取って育てることになりました。
さてその後、夕暮れになると必ず婆さんの店先に立つ女がありました。
髪をおどろに乱し痩せ衰え、黙って一文銭を出して飴玉を指差し求めて帰るのです。
それが毎日続いて六日になり、それ以降ぴったりと来なくなりました。
お婆さんは不思議に思い住職に話しました。住職は暫く考えて「それは、この間亡くなった六部の幽霊に違いない。赤子が飴をしゃぶっていたので不審に思っていたが
、死んでも子どものことが心配で、飴玉を買って与えていたのだ。葬るときに持たせた六文銭がなくなったので来なくなっ
たのだ。不憫なことよ」と数珠をまさぐるのでした。
婆さんは近所の人と鳩川に『流れ灌頂』を作って冥福を祈りました。
その後観音堂が建てられ、安産と子育ての護りとして永く祀られています。

文・絵:いちむら あきら
座間美都治
相模原民話伝説集より